最新記事

2006年06月21日

Appleの「Shake」が大幅値下げ!

ハリウッドのSFXを6万円台で――Appleの「Shake」大幅値下げ」ITmedia (06/6/21)

33万円から6万2千円へ大幅値下げです。ここまで安くなると詳しく見てみたくなりますね。
基本的に映像制作向けのプロ用ソフトで、合成だとか特殊効果を与えるものです。
仕事上そのような効果が必要な案件は今まであまりなかったので詳しくないですが、CMのようなすごい映像が、(技術的には)誰でも使える時代になりました。

アップル - 「Shake」
posted by dxd at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月07日

録音テスト「雷」:MicroTrack 24/96

昨夜は雷が良い音鳴らしてました。なのでバッグからMicroTrackをサクッと取り出し、ベランダに放置して雷の音を録ってみました。目の前は国道、その向こうに田んぼなので車の音そしてカエルくんたちの合唱が。

kaminari060606 (24bit/96kHz、WAV、34秒)

[上記ファイル→16bit44.1kHz(wav)→16bit44.1kHz(mp3/192kbps)に変換したもの]

※アップロードすると随分音が悪くなりますが、転送レートが制限されるんでしょうか…。記事の続き
posted by dxd at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Podcasting

2006年06月04日

使用レポート:MacBookでGoLive CS2

MacBookでGoLive CS2(非Universal)をしばらく使ってみて。

なるほど、とRosetta(ロゼッタ)によるエミュレーションの重さを体感した。
まず、起動時間が長い。ドックでバウンドしている時間が長く、他の雑用をしながら気がつくと間もなく起動が終わる…1分くらいはかかるだろうか。

そして起動後、操作してみると、ウィンドウを広げたり、ファイルをクリックしたり、という普通の操作がひっかかる。しかし仕事にならない、というほどではない。Pismo(PowerBook2000/G3 500MHz)に10.2を入れてGoLive6.0を操作していた頃よりはマシかな。あの頃はただのテキスト入力すら1秒遅れるくらいだったから、GoLiveに関してはOS9に切り替えて使っていた。

安定性に関しては、特別Rosettaだから不安定、ということは感じない。もともとこのGoLive CS2はあらゆるアプリの中でもっとも不安定な部類だと思うが。
posted by dxd at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | MacBook

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。