最新記事

2008年07月03日

iPhone 3GをモデムとしてMacBookで使えたら...

まもなく、7/11に発売開始される iPhone 3G ですが、自分も買うかどうか迷っています。

何を迷うかといえば、
  1. MacBookなどPCを繋いでモデムとして利用したい…
  2. カーナビ的な利用はできないだろうか…
  3. 今の生活習慣では、iPhoneをiPhoneらしく使える場面は少ないのでは…
  4. 当地域(長野南部)もイー・モバイルが8〜9月あたりにサービス提供地域になる

1については、日本語ではまだあまり情報がないようですが、英語では「ティザリング」「テザー」「tethering」と呼ぶようで、Appleのディスカッションボードでも結構話題になっているようです。つまりは、iPhone 3G自体でネットにアクセスするのではなくて、そいつをモデムとしてMacBookなどノートパソコンに接続(USBもしくはBluetooth)して、画面の広いPCからネットにアクセスする(データ通信)!

やっぱり、デザインや企画をする人間としては、iPhoneの480 x 320ピクセルの画面は狭すぎる(そういう目的でデザインされていない)。MacBookの1280 x 800だってイライラしてしまうくらいだ。今はデルの1920 x 1200ピクセル、27インチディスプレイの購入を検討しているところ(ほとんど決めている)。

もしモデムとして使えて、実測1.5Mbps(理論値:3.6Mbps)くらい出て定額なら、客先でのWebサイトの実演や、深夜のファミレスでの企画にも使えるし、いいなぁと。

ちなみに初代iPhoneでは、裏技的な方法でデータ通信用モデムとしての使用が可能だったようです。プロキシサーバのようなアプリをインストールして実現…しかしポート番号が80(つまりWeb)に限られるのでメールやFTPはもちろん、Webでも違うポートを使う機能はアクセスできなかったり、不安定なようです。



そして米国でiPhoneシリーズを提供するAT&Tは、tetheringによるデータ通信向けのプランは提供しないそうです。そうするとやっぱり日本のソフトバンクでもNGですかね。
記事の続き
posted by dxd at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone / iPod

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。