最新記事

2005年12月15日

MicroTrack 24/96 #6

M-Audioのコンパクトなデジタルレコーダー「MicroTrack24/96」のサウンドチェックです。
テスト録音してみました。買ってすぐに録ったものです。
(16bit44.1kHz,WAV、3ファイルに分割)

まぎらわしいですが、録音時の設定は【mp3,128kbps,stereo】です。編集した関係でWAVにしましたが。
いずれ24bit96kHzWAVなどもアップできればと思っています。
 
【録音の内容】
環境音です。靴履いて、マンションのドアを出て階段を下り、車に乗り込み、エンジンをかけるまで。マンションの前は国道で車の通りも比較的多いです。車はインテグラTypeRですが、マフラーはアペックスのN1マフラーに換えてあって、しかもこの時はサイレンサーを付けてなかったので、明らかにレベルオーバーで音が割れていますが、それもそのまま残してあります。割れた直後に不可解なクリップがあります。波形でもすごく大きな山谷山谷山谷…。

エンジンかける時は助手席に置いてありましたが、室内にかなりこもる音なので、一部の周波数に瞬間的にピークが出来たかもしれないですね。定在波に当たったというか。

ノイズがどうのこうの、と騒がれますが、雑踏を録るにおいてはまったく気にならない。雑踏自体がある意味ノイズだし。室内で何かの音に注意がいくとノイズが気になりますが、無指向性で全方位の音を拾うし、スタジオ等で楽器の録音に使うマイクは通常は「単一指向性」といって、マイクの正面からの音しか拾わない。だから周囲のノイズは拾わないので聴感上のSN比も良くなる。無指向性のマイクは、ドラムの上方やスタジオの隅の方などに置いて、全体の空気感を録るのに使われます。場合によりますが、つまりはメインというよりはサブ的な使われ方をします。だから、楽器録り、歌録り、など録りたい音源がはっきりしている場合は単一指向性のマイクの方が向いているわけです。でもそこへ無指向性マイクを使うと、SN比の低下と引き換えにライブ感、空気感を得られるので「音楽」としては魅力的になる可能性もあります。どっちに価値観を置くか、ですね。あとは目的と。

例えば私が目的とする「会議の録音」だと、無指向性は最適ではない。指向性のあるマイクをそれぞれしゃべる人に複数向けるのが一番良いですが、予算的にも状況的にもそうはいかない。無指向性マイク1つで録音していると、誰かがしゃべっている時に他の人が咳やくしゃみをすると、その音でつぶされます。でも指向性のあるマイクを複数使って分散しておけば、あるマイクはつぶれていても、他のマイクでは生きてる可能性が高くなります…隣の席の人だと無理がありますが(笑) それとて、1人ずつピンマイクでもつければ防げるわけですが。

そんなことで、MicroTrackを使って会議録音するときは、場合によっては指向性のあるマイクに交換して複数台でとるのもアリですね。

ちなみに無指向性とはいえ、通常MicroTrackを使う時は寝かせた状態で使うので、マイクが向いている方向の音をより強く拾います。本体が邪魔しているというか。立てた状態で録ればよりフェアに録れるかもしれません。

【サウンドファイル(16bit44.1kHz,WAV)】
microtrack2496_test01_1.wav(2.7MB)
microtrack2496_test01_2.wav(2.5MB)
microtrack2496_test01_3.wav(3MB)

【追記】
折角なんで、ポッドキャスティングはまだやっていなかったし、そのテストも含めてmp3もアップします(笑)
上記ファイルの意味があまりなくなった…?

※当初アップしたファイルの中身がmov(QuickTime)だったようで失礼しました。iTunesでエラーになってました;
再圧縮になるので音質は落ちてると思いますが、PodCastingのテストということで。

そこで発見したのが、Seesaaのポッドキャストのファイル容量の上限が5MBだということ。ビデオキャストでも同様です。AACも未対応。これではろくに遊べませんね?シーサーはこの辺の自由度が断トツだったはずなんですが。別サーバにファイルを置いて、そこへのリンクを張るというやり方もあるんですが、そのままではRSS2.0の不具合で駄目なようで、ニフティのPodCasting Juiceを使うとうまくいくようです。
【/追記】

PCサクセスは、ほぼ最安値だと思いますが、5〜10日となっていますね。「売り切れ」というより取り寄せ、という感じでしょうか?
posted by dxd at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10687659
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。