最新記事

2006年05月23日

MacBook届いたヨ!

macbook_04.jpgMacBookが先程到着。例によって福山通運が届けてくれました。

まず、箱がちっさぃ!
そして、本体はずっしり重い。しかし作りはカッチリしてます。
磁石によるフタの閉まり具合も強すぎず弱すぎず良い感じです。フラついたりしません。
そして同じく磁石(MagSafe)による電源ケーブルも、思いの他強い磁石で安心感。

macbook_01.jpg開いてみて、でかい。印象としてはPismo(PowerBook2000)と変わらない。
起動してみると、まず起動音が、Pismoよりも低音が効いてやわらかい感じ。
液晶の明るさは、最初は暗いけど段々明るくなり、かなりの明るさであることを確認。
写真は、1年使った20インチシネマディスプレイとMacBookを輝度を一番明るくした状態。同じくらいの明るさ?
 
いつものように、最初にオープニングムービーが流れ、各種設定画面を突き進む…。
と、今までない画面が現れ…

お、おれの顔ではないか!笑

カメラがついたので、自分アカウントのアイコンとして撮影できるようにスタンバってるんです。
でも止めてw、適当なアイコンにしました。

無事設定が終わると、デスクトップが表れ、早速いくつものアップデートを促される。
そして今アップデート待ちなのです。

【視野角は結構狭い】
これは評価は人それぞれかな。ウチの嫁は大歓迎しそうだ(他人に覗かれるのをいやがる)。自分も気にならない。そしてこの視野角によって変わるのは、明るさだけでなく、色はさらにガラッと変わる。制作者は要注意です。もっともこれはPismoもそうだったし、ノートパソコン全般に言えると思うのですが。例えばこのサイトのバックの緑は、45度ぐらい上から見下ろすとほとんど黄色に見えます。そして下の方から見ると笹の葉のような色に。Appleシネマディスプレイではそういうことはありません。

【思いの他、写り込みが抑えられている?】
もちろん、蛍光灯が直接写り込めば目立つけれど、室内の他のオブジェクトは気にならないですねぇ。良く見るとディスプレイの表面に何か特殊処理してあるのか?表面は均一ではなく、波状の処理がされているように見えます。

【キータッチも悪くない】
macbook_03.jpgこれも人それぞれ。自分は思ったより良かったです。Pismoよりしっかり感はあるけど、表面がフラットなので(矢印の上下だけスラントが付いてます)、早く打つと指が横滑りする感じはあります。でもそれでタイピングの速度が落ちる事はありません。慣れのレベルでしょう。なんだか、Vaio C2と似たようなタッチかな?周辺部のキーの沈み込みもありません。

【タッチパッドが広いのは微妙?】
macbook_05.jpg今回のMacBookはかなーり広いですね。その上、スペースバーから右にシフトしている。人によってはタイピングする時にタッチパッドに手が触れる人もいるかもしれませんね。自分は手が大きいせいか、Pismoなどではホームポジションに手をおくとタッチパッドに手が触れることはありませんでした。むしろ左利きの自分には、左側のパームレストのスペースが潰されなくて、代々Macのノートを歓迎してきた理由でもあるんです。それにしてもMacBookは広い。

【ほとんど無音】
macbook_06.jpgこれは今どきのノートパソコンはみんなそうかもしれないが、かすかにハードディスクの回転音がするだけ。もっともまだ負荷は掛けていないが。

【タッチパッドのざらつき】
macbook_07.jpgざらっとしてて、これは以外。初めて「2本指」でスクロールを体験してみましたが、期待通りの快適さ!初期状態はちょっとスクロール量が少ないかも。

【LEDが見やすくなった】
CapslockやnumlockのグリーンのLEDが見やすくてよい。キー下部にも光が回り込んでキーが浮かび上がる感じ。デスクトップMacに付いてくるAppleキーボードのLEDは真上まで顔もっていかないと見えない(!)のに比べたら…まぁこれが正常。

発砲スチロールの中ぶたが。あらら、ピッタリ。結構カッコよいぢゃないですか。空き空きだった事務所の棚が落ち着いたw
macbook_02.jpg
posted by dxd at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18262879
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。