最新記事

2006年08月16日

Boot Campの新バージョン登場。

「Boot Camp」のバージョン「 1.1 beta」が登場した模様です。
このバージョンにより、
・内蔵AirMacカード(無線LAN)のサポート(←追記しました)
・iSightカメラのサポート
・内蔵マイクロフォンのサポート
・Apple Keyboard使用時に右サイドの「アップルキー」を押しながらクリックで、右クリックをサポート
・任意の内部ディスクにWindowsのインストールが可能
・Apple Keyboardのサポート改善(Delete、PrintScreen、NumLock、ScrollLock)
・ハードディスクパーティションのプリセットの追加
など。すべてのBoot Campユーザー向けのアップデートです。
とくにiSightカメラと内蔵マイクロフォンのサポートは使い道が広がりそうです。

Windowsの再インストールやパーティションはそのままでOKのようです。Boot Campアシスタントソフトウェアと、新しいMacintoshドライバ for WindowsのCDを作って、それらのアップデートでいけるようです。パーティションのプリセットには「等分」「32GB」というのが加わった模様。32GBは「FAT32」フォーマットの限界だったと思う。これ以上の場合は「NTFS」にしなければならず、その場合は確かMac上にマウントされなかったと思います(NTFS自体はMacでも読めるはずなんだけれど、MacBookにBoot Campで作った40GBのNTFSのパーティションはマウントされなかった)。つまりMac側からWindows領域へ直接コピーはできなくなる。うちの黒MacBookは32GBでFAT32にしてあります。NTFSの方がWindowsとしては本当は良いのだろうけれど。
【追記】さらに追加確認で、以下の記事によれば内蔵AirMacカードも使えるようになったとのこと!そうか。日本国内(韓国も?)だけの問題だったからアチラの記事には載ってないんだな。ついこの間バッファローのUSB無線LANアダプターを導入したばかりなんだけど。まぁ安かったので良いけど。
AirMac、iSightが使えるようになったBoot Camp新β版」ITmedia (06/8/16)【/追記】

情報源:AppleInsider
ブートキャンプのページ:BootCamp 1.1beta

#Boot Campユーザーのみなさん、「AppleK Pro」「MBFn」はもちろん使ってますよね?これなしでは「快適」とはとても言えませんので、もし知らなかったとしたら導入を強くお薦めします。2つ合わせても4000円程だし。
[トリニティワークス] http://www.trinityworks.co.jp/
posted by dxd at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22421643

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。