最新記事

2006年10月11日

Automatorで.macに自動バックアップ

2週間以内に使ったファイルを自動的に.macにバックアップを取る方法。Automatorを使ってファイルの検索からiDiskのミラーフォルダへバックアップを実行、そこから先は.macのシンク機能を使う。
Automatorのファイルはアップロードできないようなので、画面のスナップショットを。
Automatorの画面スナップショット

1.システム環境設定>.mac>iDisk>iDisk同期機能を「開始」※自動を選択
2.画面スナップショットを参考に、Automatorでワークフローを組む

Automatorでやっていること:
iDiskフォルダ上の古いバックアップフォルダをゴミ箱に捨てる
iDisk上にバックアップ用の新規フォルダをつくる
更新日が2週間以内のファイルを検索する
今つくったフォルダにコピーする

3.ファイルメニュー>プラグインを別名で保存…
4.プラグインの対象:iCalアラームにして保存。
5.iCalが起動し、現在の日時にイベントが登録される。
6.自動バックアップを取りたい時間にイベントを合わせ、繰り返しを「毎日」などに設定。

例えば1時間ごとにバックアップを取りたければ、イベントを複製して毎時ちょうどに置き、1日合計24個イベントを置き、それぞれ繰り返し>毎日に設定する。

以上

あとは、設定した日時にAutomatorのプラグインが実行され、ファイルの検索が行なわれてiDiskのミラーディスクにコピーが取られ、すぐに自動的に.macサーバとシンクが始まる。

課題:
1.ゴミ箱を空にしないとiDiskの容量がどんどん減っていく。※Automator上にゴミ箱を空にするアクションが見当たらない。
2.フォルダ分けができない。検索されたすべてのファイルが1つのフォルダに。分けたければフォルダの数だけ繰り返す必要が。
3..macサーバとのシンクが結構時間かかる。
4.プラグインが実行された瞬間、フロントに来てしまう。※例えばテキストの入力途中でもプラグインがフロントに来て入力が妨げられる。クリックしてすぐに戻ることは出来る(バックグラウンドで実行できる)


課題もあるけど、何もしないよりはマシかな?
posted by dxd at 00:59 | Comment(3) | TrackBack(1) | AppleScript & Automator
この記事へのコメント
初めてコメントいたします。
この記事の御趣旨とほぼ同じことをしたくて、検索エンジンからたどり着きました。
とても参考になりました。ありがとうございます。

課題に挙げられている4番の「テキストの入力途中でもプラグインがフロントに来て入力が妨げられる。クリックしてすぐに戻ることは出来る」についてですが、

tell application "Finder"
set visible of processes whose frontmost is true to false
end tell

上記スクリプトをワークフローの一番上に入れることによって、少しだけ改善できました。

実行された瞬間、プラグインがフロントに来てしまうことは同じなのですが、クリックをしなくても、ワークフロー実行前に一番フロントにあったアプリケーションに戻ることができました。
既に解決済みかとも思いましたが、一応報告させていただきます。
Posted by karat at 2007年02月06日 17:46
コメントありがとうございます。
最近はバックアップ先をiPodに変えて、さらにLAN内のMacを自動マウントしてネットワークバックアップをやっています。今のところ順調で速度も段違いに速く、快適です。
ぜひ教えていただいた方法を試してみようと思います。

最近忙しくて記事更新できません;
Posted by dxd at 2007年02月09日 01:33
街中で振り返ってしまう様なカワイイ子が貴方を待っています(●^口^●)→ http://b8y.in/
Posted by 玲子 at 2012年05月20日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25239825

10月18日、サーバメンテナンスのため、10分アクセスできません。
Excerpt: これがサイト維持への励ましになります。→ ランキングへ行こういつも見に来ていただき、ありがとうございます。当サイトが利用しているレンタルサーバがメンテナンスのため、10分ほど、利用できなくなります。詳..
Weblog: info777cx
Tracked: 2006-10-13 22:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。