最新記事

2005年05月24日

PowerMacG5、2.0GHz Dual始動。

PowerMacG5、2.0GHz Dualが我が家にきました。
嫁の新しいパソを検討していたら、結局自分の旧iMacG5,20インチを嫁に使わせて、自分は出たばかりのPowerMacG5を購入することになりました。実は今秋、非圧縮フォーマットでの映像制作→DVD-Video制作の仕事の予定があり、iMacG5ではちょっと心許なかったので、いずれ購入する予定だったのです。それが早まったと。

アマゾンで運良く1台だけあったのを注文、2日後に届きました。
併せてお手頃になった20インチシネマディスプレイも購入しました。

G5Dual_02メモリは当然ながら標準512MBの状態で購入し、iMacG5に積んであった1GB(これも元々DELLに付けてあった物)を移植し、合計1.5GBとしました。
本体の扉を開けて感動!知ってはいたけど、美しい!外観がストイックなデザインだけに、余計に感動しました。
扉の中にもう1枚透明なプラスチックパネルがあります。
G5Dual_01
ちなみに近いうちにDELLに積んであるHITACHI(IBM)のSATA250GB*2台のRAIDも移植予定。現状なんと、DELLもiMacG5も現状256MBメモリというちょっと可哀想な状態…いずれそれぞれ512MBにはしてあげようと思ってます。iMacG5は256MBではレスポンスも悪くとても快適とはいえないです。512MBにするとずいぶん良くなります。

さてさて。
iMacG5からPowerMacG5へのデータの移行は、例によってFireWire接続により簡単だったんですが、容量が100GBを超えていたために、完了までに2時間半ほど要しました。
G5Dual_03
いざ再起動して使い始めると、最初は標準512MBメモリの状態で使い始めましたが、iMacG5に比較してもあらゆる動作がさらにレスポンスが良いと感じました。でも、iMacG5はPantherでPowerMacG5はTigerだったから単純な比較はできないですね。。

iTunesのグラフィックをフルスクリーン再生すると、iMacG5では最大60fps〜最低30fpsくらいのあいだで変動が激しかったのが、PowerMacG5ではほぼ70fpsで安定してます。

(つづく)
posted by dxd at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | PowerMac G5
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3857258

アップル Power Mac G5
Excerpt: 共有 アップル Power Mac G5 ( Apple Power Mac G5 ) 米アップルの、2003年に発表された、Power Mac G5です。 バウハウス時代から引き継がれる、デザインの..
Weblog: CRAFTS DESIGN
Tracked: 2015-06-17 20:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。