最新記事

2007年11月03日

レパード、1週間使ってのレポート。

レパードはメイン機のPowerMacG5 Dual2.0GHzではなく、サブ機の初代MacBook 2.0GHzに入れてる。なのでそんなにゴリゴリと使い込んでいるわけではないけど、気がついた点をちょこっとレポート。

全般的な評価としては「中」ぐらい…今の時点では。

■良い点
仮想デスクトップ?「Spaces」はかなり使い勝手が良い!
システム環境設定にて、アプリごとにあらかじめ使うスペースを指定しておくことができる。コントロール+数字で簡単に切り替えられる。レスポンスも良い。切り替えたらカラーホイールがしばらく回りっぱなしということはない。
 
BootCamp、(嫁のレポートによれば)オンラインゲームの「テイルズウィーバー」を起動時に、nProtect GameGuardによってすべてのキーボード入力が無効にされて毎回インストールし直していたのが、「AppleK」を併用することで、nProtect起動後に「AppleK」のタスクバーから「回避機能」を設定しなおせば、「かな」「英数」キーを含めキーボードが使えるようになる(ファンクションキーの対応はまだ試してない)。

DockのStack、なかなか良い。自分は今まで「アプリケーション」フォルダをDockに登録していたのだけれど、右クリックで開く必要はあるし、クリックしてから開くのに2〜3秒ぐらいかかるし、使い勝手が悪かったけれど、通常クリックでレスポンスも悪くない(特に起動後2回目以降のクリック)。

Finderのサイドバー、「検索」という項目では、最近起動したアプリや書類を今日、昨日、過去1週間にまとめてたどることができる。「共有」という項目に外部パソコンのアイコンが表示されていて、1クリックで接続できる。

■悪い点
メニューバーやプルダウンメニューが半透明になったけれど、見た目はかっこ良いが、やや見にくいことも。あまり派手な色の壁紙を設定すると見にくくなる。一応、プルダウンメニューの半透明の背景はぼかしが入って見やすさも考慮されているようだけれど、あきらかに視認性が落ちる。
上部が単色&濃い色で下部やフッタだけデザインされている、というようなデスクトップピクチャー(壁紙)がつくられるようになるかもね。つくりたい。

「Dock」の現在起動中の各アプリの下にダウンライトのような真珠みたいな目印が付くのははっきりいってかっこ悪い。後付け的なデザインというのは何よりかっこ悪い。
posted by dxd at 11:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Leopard
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。