最新記事

2008年01月25日

携帯シンクforMac5を導入。

ずっと前から知ってはいたけど使ったことがなかったリュウドの「携帯シンク for Mac 5」を買いました。

このアプリは、ケータイのアドレス帳、スケジュール、メール、ブックマーク、写真データなどをMacに取り込んで編集/管理/ケータイへ書き込みができる。Windows版もあります。

しかしこのMac版の素晴らしいところは、Macの「iSync」に対応していること。iSyncはMacに標準で備わっている同期機能で、カレンダーアプリの「iCal」や「アドレスブック」などの内容を、携帯電話やiPod、アップルのWebサービス「.Mac」とシンクロしてくれる。

KSyncforMac-01.png
 
携帯シンク for Mac 5はこのiSyncに対応しているので、今使っているCASIOのW21CA(au)とMacのあいだで下記の項目を"シンクロ=同期"させることができる。

・iCalとW21CAのスケジュール/タスクリスト(ToDo)
・アドレスブックとW21CAの電話帳

シンクロ、ということは、W21CAで書き込んだものはiCalにも反映され、逆にiCalに書き込んだものはW21CAにも反映される。
W21CAのスケジュール登録がとても使いやすいので仕事/プライベートとも、予定が入ったらすぐにその場で登録している。一方で職場にいる時はiCalで予定やら従業員の出退勤を記録している。
そのように場所に応じて入力した双方のデータを同期して、いつどちらのスケジュールを見ても同じものが入ってる状態にしてくれる。

その他下記の内容は専用ソフトで編集/管理ができる。

KSyncforMac-02.png
・電話帳
・カメラ画像
・メール
・データフォルダ
・ブックマーク
・ノート(一部機種のみ)

また、接続している間MacのUSBポート経由で充電できる。機能てんこもりだ。素晴らしい!

-----
自分は「.Mac」に加入しているので、複数のMacのiCalやアドレス帳をシンクロできます(他にメールアカウントや署名の設定/ウィジェット/Safariのブックマーク/Dockの項目/ことえりユーザー辞書/キーチェーン/メモ/環境設定も同期できる)。

さらに、「Spanning Sync」というシェアウェアを使うことで、iCalとGoogleカレンダーをシンクロさせることができる。

これによって、ケータイ(W21CA)←→事務所のMac(PowerMacG5)←→家のMac(MacBook)←→Googleカレンダー の内容を常に同期させることができます。スケジュール管理については理想的な環境が整いました。

.Macはともかく、ケータイとiCalのスケジュールが同期できるだけでも便利ですよ。安いし。おすすめです。
posted by dxd at 10:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 製品レポート
この記事へのコメント
携帯シンクforMac5を導入。 | Appleボランチ
Posted by クリスチャンルブタン通販 at 2013年07月20日 19:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。