最新記事

2005年10月26日

M-AUDIO 「MicroTrack 24/96」

M-AUDIOの「MicroTrack 24/96」というポータブルレコーダーの製品レポートです。
mt_02.jpgM-AUDIO - MicroTrack 24/96 プロフェッショナル2チャンネル・モバイル・デジタル・レコーダー

12年も使ってきたソニーのDATウォークマン「TCD-D3」がようやく引退するときが来ました。
代わりに導入したのが、このM-AUDIO 「MicroTrack 24/96」。
いつもコストパフォーマンスに優れた製品を出しているメーカーですので期待したいところですが…。

スペック的にはかなりのもので、24bit96kHzのWAVまたはMP3でステレオ録音でき、メディアは脱着可能なコンパクトフラッシュまたはマイクロドライブです。つまり大容量なメディアを使えば、24bit96kHzのようなハイスペックでも長時間録音できるんです。

 
本機のスペックをザッとまとめると以下のとおり。














価格:¥38,850(メーカーショップ価格)
MP3録音:96〜320kbps(32、44.1、48kHz)
PCM(WAV)録音: 16-bitまたは24-bit(32、44.1、48、88.2、96kHz)
バッテリーの持続時間:約7時間の再生/約4〜5時間の録音
サイズ:61mm×109.5mm×28.5mm
重量:138.9g
周波数特性:20Hz〜20kHz, +/- 0.5dB
SN比-98dB〜-100dB
ダイナミックレンジ98dB〜100dB
電源:充電式バッテリ、ACアダプタ、USB給電の3方式
その他:
S/PDIF同軸デジタル入力端子装備
RCAピンライン出力
コンデンサーマイク用ファンタム電源装備(5V)
【追記】1/8インチプラグには+5vのプラグインパワー、1/4インチフォーンプラグには約+30v(on/offスイッチ有り)【/追記】
バランス/アンバランス入力対応
MacOSX10.3.9以上、Windows2000/XP対応
USB2.0または1.1(ファイル転送及び充電)
バックライト付LCDディスプレイ
付属品:
無指向性バックエレクトレットステレオマイクロフォン
専用ポーチ
コンパクトフラッシュ64MB
ヘッドフォン
USB-AC電源アダプタ
USBケーブル
オーディオ編集ソフト「Audacity」


mt_03.jpg購入は、いつもお世話になっているサウンドハウスです。安いし、対応は早いし、品揃えは圧倒的(特にケーブルやパーツ類)なのでいつも利用させていただいています。

スペック的には悪くないです。悪いどころかかなり良いです。
そして、バッテリ駆動で、DAT以上のスペックで、収録時間も長い、豊富な入出力、そして何より非圧縮(WAV)対応であること、テープじゃないこと(笑)

実はこの製品、販売元のサイトでのユーザーレビューはイマイチ(スペックの割には期待はずれ、という感じ)。
特に、SN比が良くない、PCへの転送が遅い、など。
それでも購入したのは、私の主な目的は、第1に会議の収録であるから。普通はICレコーダーで済ます分野かもしれない。だから多少音が悪くても用は足りるわけです。もしクオリティが十分なら、DVD制作用向けに、RODEのNT4またはNT6なんかのマイクと組み合わせてコンパクトなサラウンド音声収録セットが組めるかもしれないと期待します。

mt_01.jpgさて、上記のような評判なのでみんな様子見なのか、新製品にも関わらず在庫がありました。
届いて開けてみて、写真のような同梱品。
そして本体の質感ですが、これはサイトのレビューにもあるように、値段相応という感じ。iPodやデザイン携帯に慣れてしまった人には「何これ!」という感じでしょうか。でも最安クラスのMDプレーヤーよりは良いでしょう。ボタン類はカッチリしています。そして本体はメタメタ軽いです。

mt_04.jpgまずは充電します。付属のACアダプタはUSBケーブルを繋いで本体に給電します。充電し始めるとLCDのバックライトが点灯し、表示が充電中となります。ディスプレイはちょっとムラがある感じですね。情報量&デザインも必要最低限、といった感じです。
えっと、フル充電に掛かった時間はどのぐらいだっけな?3時間ぐらいだったかと思います。確かではありません。
【追記】カタログでは2.5時間【/追記】

次はまず、ファームウェアアップデートを行います。最初のバージョンでは、録音開始時に大きなノイズが入る等の不具合があったようで、それが改善されたファームウェアをダウンロードしてきて実行しました。極めて簡単です。DLしたファイルを本体にコピーして、メニューから実行するだけです。

そして早速録音。付属してきたステレオマイクを繋いで、ファンタム電源をオンにし、RECボタンを押す。するとすぐに録音開始。
【追記】付属のマイクも含め、1/8プラグはプラグインパワーなのでファンタム電源のスイッチは入れる必要はありません【/追記】
サイトレビューでも指摘されてるように、「録音待機」状態がありません。なので録音レベルは、録音しながら合わせるしかありません。まぁこれは大きな問題ではありません、私の場合。

録音レベルは前面左下のボタンです。ステレオ設定がデフォルトなので左右揃って上下します。表示は極めて簡素ですが、一応ピークメーターが付いています。ただし不可解が動きをします。右チャンネルのメーターだけ時々全点灯します。

■SN比はあまり良くない?
実際に録音された音を聴いてみると…うーん、サイトレビューで指摘されてるとおり、というか、ちょっとSN比が悪い感じです。つまりノイジー。これはマイクアンプの性能か、付属マイクの性能か?DAT+オーディオテクニカの7000円くらいのマイクの時の方がもっとクリーンだったような気がします。感度、ゲインという点では、少なくとも付属マイクの場合は十分だと感じました。そもそも無指向性なので余計にレベル稼ぐと思いますが。

■RODE NT4直接は厳しいかも
さて、今度はRODEのNT4という大きめのステレオマイクを直接接続してみました。んと、普通このマイクは9Vの006P電池か+48Vのファンタム電源を使います。が、このMicroTrack24/96のファンタム電源は+5Vしかないようです。試しにファンタム入れてみましたが、やっぱり稼働しません。
【追記】この場合、1/8プラグに接続したので+5vしか供給されていないです。RODE NT-4は+12v以上で稼働。またファンタム電源のスイッチは1/4インチプラグに対してのもの。【/追記】
なので電池でやりました。さて、稼働したのですが、ちょっとゲインが足りない感じです。録音レベルをフルにしてもなかなかピーク振れない。でもこれはTASCAMのFW-1804でも感じていたこと(3時ぐらいまでノブを回します)、そしてSONYのTCD-D3の時もほぼフルでした。なので、まぁこんなもんかもしれない。でも、ゲインをフルに上げるということは、ノイズもかなり増大します。ちょっとNT4を直接接続はつらいかなぁという印象です。

■マイク入力はちょっと…。ライン入力は使える!
そこでNT4をTASCAM FW-1804につないで、そっちのマイクアンプでゲインあげてライン出力でMicroTrack 24/96につないでみました。そしたら極めてSN比良好で、ゲインもしっかり稼げます(MicroTrack 24/96の入力感度は「L」=ラインに落とします)。やっぱりこのマイクアンプの性能だと思われます。もし同じ値段で、もっと良いマイクアンプを積んで、代わりにスペックが16bit44.1kHzだとしても、もしかしたらそっちを買っていたかもしれません。そういう意味では、エディロールの「R-1」の方が良かったかな?という思いもあります。24bit44.1kHzですが結構評価高いですからね。
結論からすると「ライン入力は全然OK!」「マイク入力はあまり期待せず」というところです。
【追記】つまり、SN比が良くない本機であまりゲインを稼がず、前段で十分なレベルを確保した方がよい【/追記】
デジタル入力はまた追って試します。


■USB給電ではノイズが乗る!
さて、バッテリの持ち時間は、録音時は「公称4時間」。会議などは2〜3時間の場合が多い。十分のようだけど、保険としてAC接続しておきたい微妙なスペックではある。なので通電しながら使ってみた。
そしたら、AC接続は問題ない。ところが、PowerMac G5に接続してみたところ、盛大なノイズが乗る。いわゆるハムノイズが乗る。ポートを変えてみると微妙にノイズの量・質が変わるので、他の機種でも試してみたい。

■24bit96kHzは…自然で丸い立体的な音なる…空気感が出るかも。
このMicroTrack 24/96の売りは、何といっても24bit96kHzというハイスペックで録音できること。なので早速試してみました。試した、といってもロクな素材がありません。結局、自分のヘタクソなアコギの音で試しました。
ちなみに先程のマイクアンプの質の問題から、FW-1804経由によるライン入力で試しました。16bit44.1kHzと切り替えて録音。演奏が悪いので違いなど比較できるはずもないんですが、それでも何か、気持ち、音がまろやかになる?感じがします。「あ、こっちの方が本物っぽい」という感じ。
ちょっと本格的に試してみないと何とも言えないですね。

■64MBのコンパクトフラッシュでは1分40秒。
24bit96kHz録音の場合、付属のコンパクトフラッシュではたったの1分40秒しか録音できません。会議の収録向けの設定、MP3、44.1kHz、128kbpsステレオの設定だと、1時間5分。まぁ256MBあれば大抵の会議はOKという感じか。

■ICレコーダーより全然使える、と思う。
会議を録音するのは、その後の議事録作成=テープ起しという仕事を行うためです。録音された音を聞いて、テキストに打ち直すわけです。(こんな地味な仕事もしてます;)
オリンパスの「DS-10」という、2002年頃に出たモデルを持っていて、会議録音のバックアップとして使っています。このモデルの高音質設定(WMA)なんかよりも、MicroTrack 24/96は少なくとも10倍はマシな音が録れるでしょう。価格は2倍弱ですが。【追記】前者はモノラル、後者はステレオ【/追記】ちょっと大人数の会議になると、ICレコーダーは全然役不足。中には消え入るような声で話す人や、語尾がはっきりしない人、まどろっこしい言い回しをする人、早口な人、そもそも日本語がおかしい人、いろんな人が会議に参加しますが、その一言も漏らさず聴き取らないといけません。だから、ちょっとオーバースペックなくらいの機材で臨んだ方が、その後の仕事が楽なんです。その点、このMicroTrack 24/96は、十分に用が足りるのではないかと思います。ということで、近々ある3会場同時収録のために、追加でもう1台注文しました。

[SONYのDATウォークマン「TCD-D3」について]
大学の時に買って(音響関連の学科でした)、趣味で使っていたものを、今も仕事で会議の収録などに使っていたんです。でも、バッテリは9年前に没、ACアダプターは5年前から断線気味…3年前にユニバーサルACアダプタに変更、そしてバックライトは真っ暗、フタはテープを爪の先で押しながらでないと閉まらない、しかも早送り/巻き戻し後の再生ではエラーでストップ…一旦取り出してから再び入れて再生、というすさまじい状態。それでも、痩せても枯れてもDATはDAT、その再生音はやっぱり素晴らしい!中古の程度の良い(デッキ型の)DATがあったら、よっぽど買おうと常々思っていましたが、でももうテープの時代ではないかな。。。


PC-Successの05/11/6現在の価格:¥36900!
しかも送料無料!ヤラレタ…
PC-Success > Mac
左メニューの一番下「楽器/DTM/PA」から「MTR一覧」、3つ目。
posted by dxd at 22:56 | Comment(13) | TrackBack(2) | 製品レポート
この記事へのコメント
雑誌「パイパーズ」でこのスペックを見て大いに魅かれ、昨日新宿のヨドマシカメラで買ってきました。早速充電しようとしましたが最初からトラブルです。充電されず"Hold key is active" と表示されるだけです。説明書通りに操作しているのにこの有り様では、欠陥商品ではないでしょうかね?
Posted by hadel at 2005年11月08日 12:04
「Hold」キーが解除されているのにそのように表示される時点で、初期不良ですね。。即、問い合わせを。

それにしても何かと"あやうい"製品ですね。ファームウェアのバージョンアップで良くなっていってくれれば良いんですが。

昨日、SONYから「PCM-D1」が発表になりましたね。スペックは同じような感じで、価格は20万。趣味ではおいそれと手が出ない。仕事だったらフォステックスの「FR-2」http://www.fostex.co.jp/jpn/INTRO/fr2/000fr2.htmlを買うでしょうね、この値段なら。
Posted by dxd at 2005年11月10日 07:53
確かコンパクトフラッシュを入れておかないと、充電されません。ご注意を。これも取説には書いてなかったかも。「コンパクトフラッシュを抜くと電源が切れる」とはどこかに書いてあったけど。
Posted by dxd at 2005年11月10日 07:58
半ば衝動的に購入。
http://www.m-audio.com/index.php?do=media.videos
さて、上のM-Audioの製品デモンストレーションのビデオよろしく、
[電池]入れて新宿の雑踏を録音…と。あ、充電が必要なんですね。
ややがっかりして帰宅して、さっそく充電しようとマニュアル通り慎重にに接続したものの、
無反応です。何も表示されません。出端をくじかれた。
メディア装着済みです。
もう2時間経過。
Posted by philo at 2005年11月10日 22:47
2時間以上も繋いだんであれば、一度電源を入れてみるとどうでしょうか?

1台目は最初、やっぱり同じようにACアダプタ繋いでも全然来ませんでした。しばらく放置した後に電源ボタン入れたら来たっけかな?

2台目の場合、繋いで2〜3分したら勝手に充電が始まりました。
Posted by dxd at 2005年11月11日 01:01
その後の報告です。
電源ボタン無反応。
これは駄目ですね。売るなよ!
M-Audioからのお返事を待ちましょう。
ナシノツブテかな? きっと。
Posted by philo at 2005年11月11日 07:01
結局、購入した店で新品と取り替えてもらいました。
店頭で電源つないで確認してから、持って帰ってきました。
dxdさん、ありがとうございました。
Posted by philo at 2005年11月11日 22:54
良かったですね!
サウンド&レコーディングマガジン12月号にもレポートが載っていますが、評価も上々?という感じです。
Posted by dxd at 2005年11月17日 10:51
こんにちは、
どうしてエディロール買わなかったんですか?
どちらにするかすごくまよっています
充電が途中できれたらとおもうこともあるし
サイズが小さくていいとおもうこともある
音質はほぼ同じとききましたが
教えてください!
Posted by at 2006年01月05日 16:55
自分の用途にはどちらでも良かったんだろうけど、やっぱりスペックかな?24bit96kHzに対してエディは24bit44.1kHz。それからMicrotrackの方が本体が小さい。他の掲示板を見ると、Microtrackの方がエディよりバッテリの持ちが良いらしい、などなど。

バッテリは、付属のマイクで2時間録ってもゲージは半分しか減らない(ただしmp3、128kbps)。これだけ持てば十分かな?本体は文句なく小さいし、軽い!

もう10回以上、会議の収録などに使ったけれど安定してるし、おそらく買って不満は出ないんじゃないかな。でも何故か薦めにくい(笑)

あとは店頭で試してみては?
Posted by dxd at 2006年01月07日 01:16
いつも大変参考にさせていただいてます。
僕もとうとう購入しました!
なんと34000円です!!!
そこでどのメディアを買おうか迷っているのですが
マイクロドライブか
通常のコンパクトフラッシュにするか迷っています。
やはりコンパクトフラッシュの方が
安定するのでしょうか(聴覚上/充電/作動など)?
しかしいつも教えてもらってばかりでは悪いので
ここは両方買ってレポートでもしてみましょうかね。

以前PISMOのハードディスクをHITACHI IBMに
替えて以来、同社のHD技術に惚れ込んでいるので
HITACHI 6G マイクロドライブが気になる所です。
Posted by DERRICK at 2006年01月23日 12:21
マイクロドライブは、ドライブの回転に伴う振動や音が発生すると思うので、特に付属マイクを使う場合はマイナス要因かと。使ったことがないので分かりませんが、そういう情報は他のサイトで見ました。
あと発熱がヤバそうですね。特に24bit96kHzで長時間録る場合。これも試してないので分かりませんが、ぜひ人柱になってもらって…(笑)

理屈的には、衝撃/発熱/メカノイズ/消費電力等いろいろな面でコンパクトフラッシュの方が有利には見えますね、コスト面を除いて。
Posted by dxd at 2006年01月28日 20:51
なるほど。
やはりそうですか。
とりあえず財布に余裕があれば是非両方
試してレポートしてみます。
まずはコンパクトフラッシュを先に買う方が無難ですね。
Posted by DERRICK at 2006年01月30日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

デジタル レコーダ
Excerpt: 世界最小のステレオデジタルレコーダー。本日来ました。ただいま充電中。試し録音はうまくいきました。マイクだけでなく、同軸デジタル、T型エレクレットマイク、RCAピン出力まであります。まあ、テープレスDA..
Weblog: 犯人は崖の上 Macintelに期待します
Tracked: 2005-11-11 14:21

ハンディートーキー
Excerpt: 元々の付属品のマイクがあまりにも格好わるかったので、マイクを新調。アンテナの様に見えるのがソニーのステレオマイクです。ECM-DS30P。デザイン的にはピッタリです。音もそこそこです。本当はECM-D..
Weblog: 犯人は崖の上 Macintelに期待します
Tracked: 2005-11-11 14:24

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。