最新記事

2008年03月30日

iTunesのイコライザ設定

突然ですが、iTunesのイコライザーって使ってますか?
iTunesのイコライザ設定
※現在のウチのMacBookの設定

MacBookなどのノートパソコン内蔵のスピーカーはとても小さいので、そのままだとキンキンした耳にうるさくて痩せた音がします。「ノートパソコンの音はこんなもん」あるいは「やっぱAV対応モデルじゃないし…」なんて思ってると、MacBookが可哀想ですよ。

上のように変えてあげるだけでとても聞きやすくなります(微調整はお好みで)。

調整する時のポイントは、
1.基本は1Kあたりを中心に左上がり
2.低音は250を中心にいじる(それ以下の音はあまり出ないので)
3.なめらかな波を描くように(となりあう周波数に差を付けすぎない)
4.0dBより上げた周波数が多い場合(特に低音)、プリアンプを下げる

スピーカーが小さいので基本的に低音が足りてない。だから電気的に増幅して聴感上高音と低音のバランスを取る。低音を上げるといっても64Hzなんて低い低音は物理的に出ないので、もちょっと上の方を中心にいじる…ただし250Hzあたりの中低音は本格的な音響制作でも難しい周波数で、多いと"豊かな"音になるけど"モコモコ"した音にもなりがち。カットしすぎると痩せた音になる。2kHz〜4kHzあたりは人間にとって一番耳に付く帯域、かつこのような小さなスピーカーでも再生しやすい帯域。なので下げ気味に。

イコライザーはDVDプレーヤーにも付いてます。
posted by dxd at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | MacBook
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/91618026
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。