最新記事

2008年04月06日

VMware Fusionが¥7800!

VMware Fusion」がact2ストアにて4/18(金)まで、通常価格¥10920(税込)のところを¥7,800で購入できるキャンペーン中です!(ダウンロード版)

VMware Fusionとは、Boot Campと同じく、Mac上でWindows等のOSを実行できる製品です。開発元では「デスクトップ仮想化製品」とされています。Boot Campと何が違うかというと、再起動する必要がありません。Macを起動したまま、あたかも1つのアプリを起動するようにVMwareを起動し、そうの上Windowsを起動します。

昔からのMacユーザーだと「Virtual PC」を思い出すかもしれませんが、操作感はぜんぜん次元が違います…それは後ほど。

同等の製品として「Pallarels Desktop」があります。

と。いうことで先ほど購入しました。5%ポイント還元も付きました。
記事の続き
posted by dxd at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2008年01月25日

携帯シンクforMac5を導入。

ずっと前から知ってはいたけど使ったことがなかったリュウドの「携帯シンク for Mac 5」を買いました。

このアプリは、ケータイのアドレス帳、スケジュール、メール、ブックマーク、写真データなどをMacに取り込んで編集/管理/ケータイへ書き込みができる。Windows版もあります。

しかしこのMac版の素晴らしいところは、Macの「iSync」に対応していること。iSyncはMacに標準で備わっている同期機能で、カレンダーアプリの「iCal」や「アドレスブック」などの内容を、携帯電話やiPod、アップルのWebサービス「.Mac」とシンクロしてくれる。

KSyncforMac-01.png
 
記事の続き
posted by dxd at 10:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | 製品レポート

2007年11月10日

Cinema Displayは回転対応。MacBook。

Apple Cinema Displayって回転対応だったっけ?
今、システムプロファイラを見ていたら、ハードウェア>グラフィックス/ディスプレイ>Cinema Displayの「回転」という項目が「対応」になっていたので、システム環境設定>ディスプレイで回転を90度に変更したら見事に回転!

ディスプレイというより、グラフィックボード&ドライバの機能なのかな。

シネマディスプレイ回転

シネマディスプレイ回転

シネマディスプレイ回転

Webデザインやプログラムをやってると、横より縦が長いほうがありがたい。デルのディスプレイなどはワンタッチで縦にできるんだけど、シネマディスプレイは足の位置固定だからな。。(外して標準規格のアームに取り付けることはできるはずだけど)


※1枚目の画像、レパードのスナップショット機能(command + shift + 4 のあとに spaceキー、ウィンドウ選択)で撮ったんだけど、自動的にシャドーがきれいに付いてる!! …でもこれってもしかしたらPNGの透明じゃ?だとしたらIE6は非対応だからきれいに見えないのかな?(このサイトは白バックだから関係ないか)

posted by dxd at 11:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2006年10月14日

MicroTrack 24/96 #8

7月に花火録音で故障していた(と思い込んでいた)MicroTrack 24/96、実はまだメーカーにも連絡は取っていなくてそのままになっていたんだけれど、昨日久しぶりにファームウェアアップデートを行ったら、なんと24bit/96kHzでも歪まずに録れるぢゃないか!

記事の続き
posted by dxd at 15:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 製品レポート

2006年08月01日

MicroTrack 24/96 #7

久々に「MicroTrack 24/96」をプライベートで使ってみました。
親戚の近所で花火大会があり、ついでに持っていって録音を試みたんだけれど…

この花火大会、いつも打ち上げ場所の300メートル手前ぐらいまで近づいて空気が脈動するド迫力を楽しんでるんだが、MicroTrackは完全に駄目でした。モードをLowに落として、録音レベルを最小にしてもピーク触れまくり。バッグの中に入れても高音がこもるだけで、低音は回り込むし、そもそも空気がバクバクいうような近さではもうどこにも逃げられん。

ということで、結果は歪みだらけでダメダメでした。それだけにとどまらず、イシがトんだ?その後録音テストしてみると24bit/96kHzの場合だけ、静かな環境で録っても歪みまくり。修理行きのようです

…とM-Audioのサイトを久しぶりにのぞくと、MicroTrack用のPadアクセサリが登場した模様。この"筒"を1/8inchプラグにかましてマイクを接続することで、マイクからの入力を強制的に-10dB落とします。ライブハウスや、あるいは今回の花火直下のような爆音環境での録音を可能にするものです。
MicroTrack 10dB Pad

とにかく、サポートに問い合わせだ。
posted by dxd at 04:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2006年07月18日

MacBookレポート #2

MacBookを使い始めてまもなく2ヶ月経とうとしています。つくづく買ってよかったと思える機種です。性能、デザイン、薄さ、機能、どれをとってもまったく不満がない。

レポート第2弾では、単なる動作確認だけでなく、より突っ込んだレポートが出来れば、と思っています。このページも「随時更新」。

記事の続き
posted by dxd at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 製品レポート

2006年05月24日

MacBookレポート #1(随時更新中)

MacBook」と「製品レポート」どっちのカテゴリに入れようか迷ったのだけど「製品レポート」に入れさせてもらいました(シーサーさんが複数カテゴリに登録できると良いのですが)。

今仕事やりながら空き時間でアプリのインストールテストなんで、まだまだですが、早速○×出始めたので。
記事の続き
posted by dxd at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 製品レポート

2006年02月24日

FinalCutProからCompressorでMPEG2エンコード

今、FinalCutPro4からCompressorを使って58分の番組を2パスVBR平均5Mbps最高7MbpsのMPEG2(映像のみ)に書き出したのだが、PowerMacG5 Dual2.0GHz(メモリ2.5GB)で4時間28分掛かった。CPU稼働率をモニタしてみると、FinalCutProが約100〜110%、Compressorが約30〜60%(2CPUなので最大で200%)。実メモリ使用率は、前者が約500〜600MB、後者が48MB(2パスのうちファーストパスを覗いていたので、まだCompressorはあまり仕事をしていなかった?)

とにかく、CoreDuo搭載で、せめて2時間で出来るようになって欲しいな。実時間の2倍。
あと、エンコードが終了するまでFinalCutProが開放されないのもどうにかならないのか。「Compressor」という別アプリを使って書き出しているのに(しかも「Batch Monitor」というバッチアプリも起動する)、何だか恩恵が得られていないような。期待すべきものが違ってるのかな?
 記事の続き
posted by dxd at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2006年02月03日

ブラザー複合機「Mymio」MFC-410CN

もう1年以上使っている機種なんだが、かなりの高機能でいまだに使いきれていない??
実は生産完了した模様で、在庫限りだと思われますが、とても素晴らしい機種だと思うので紹介しておこうと。

とにかく、安い!(PC-Success¥17,563)小さい(373x345x135mm)!超多機能!Macでも使える便利な機能がてんこもりの「FAX付き」複合機です。

MFC410_1.jpg
記事の続き
posted by dxd at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | 製品レポート

2006年01月31日

速報:MicroTrack24/96とRODE NT-5 or Behringer B-5

RODE NT-5を1/4"(フォーン)プラグに接続すると、かなり良さそうです!
出力もかなり得られます。
キャノン→バランス(ステレオフォーン)で接続しました。
このRODE NT-5は、取説によると、NT-4同様、+48〜+12vおよび9vバッテリ駆動に対応しています。
しかしバッテリは内蔵は出来ません。

これなら兄弟機種のNT-4でもいけそうな雰囲気。
過去にテストしたのは9v(006p)電池駆動で1/8"プラグ接続でしたが、その時はレベル不足な感じでした。

一方、Behringer B-5は出力が十分得られず、ノイジー。
しかしこれはBehringer B-5のファンタム電源の必要電圧が「+48v」によると思われます。
MicroTrack24/96のファンタム電源は+30v程度なので電圧不足だと思います。
とりあえず収録は可能ですが、たとえばアコギのカッティングでも20cmくらいに近づけないと十分にメーターが触れない、というレベル。
 
posted by dxd at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2006年01月25日

予告:YAMAHA HS-50M/RODE NT-5/Behringer B-5

録音業務用途で上記製品を購入しました。
近日レポートをしたいと思います。

マイクスタンドとして、高さ2.9mまで伸長可能な照明用スタンドManfrotto 005JBも併せて用意しました。

ニアフィールドモニタースピーカーのYAMAHA HS-50Mをちょっと聴いてみましたが、素晴らしいです。おそらく音楽制作者好みの、1メモリ上げただけでフッと前に音の出る鳴りっぷりの良い、音場感たっぷり(あれ、サラウンドか?と思うくらい)、音離れも結構良いスピーカーです。クセも感じませんし、パルプコーン特有の紙っぽさも抑えられていると思います(スネアやキックなどで「バフッ」と鳴る感じは多少あります)。かつてのスタジオの定番NS-10Mの頃とは違う新世代の音だと思います。NS-10Mを大音量で鳴らした時は「ラージが鳴っているのか?」と思わせる素晴らしい鳴り方をしますが、鳴りっぷりの良さはそのままに、それとは質の違う、小音量時でも上も下も伸びた音です。帯域バランスも良いですが、やはり「モニタースピーカー」ということか、高音は強めに感じますが、背面のディップスイッチで調整も出来ます。しかし嫌なにごった高音ではありません。逆にボリュームを絞った状態でも定位などが明確に分かりやすく、アパートなどでの宅録に正に適してるでしょう。

とにかく箱がしっかりしていて重いので、5万で買えるコンポのスピーカーなどとは比べ物にならない良い音がします。
高域が強いので、人によってはクラッシックなどのリスニングには嫌われるかもしれません。
デザインもシンプルで素晴らしい。型番すらありません(背面にある)。形あるもののデザインはこうあって欲しい。

何だかんだ書いてしまいましたが、詳しくはまた後日。

posted by dxd at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2005年12月15日

MicroTrack 24/96 #6

M-Audioのコンパクトなデジタルレコーダー「MicroTrack24/96」のサウンドチェックです。
テスト録音してみました。買ってすぐに録ったものです。
(16bit44.1kHz,WAV、3ファイルに分割)

まぎらわしいですが、録音時の設定は【mp3,128kbps,stereo】です。編集した関係でWAVにしましたが。
いずれ24bit96kHzWAVなどもアップできればと思っています。
記事の続き
posted by dxd at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2005年11月06日

MicroTrack 24/96 #4

【ファイル消去は本機上で行うべき】
Macにマウントしたコンパクトフラッシュ内のファイルをファインダ上で消去した場合、本機にてフォーマットをしないと録音時間が復活しません!ご注意を。ファイルは存在しないのに録音可能時間が0分、と表示されてちょっと焦りました。
素直に本機の消去メニューから消した方が確実です。Delキーを2クリックで作業も早いし。

【今まで認識していたメディアが、反応しない時がある】
これも焦りましたね。付属してきたKodakの64MBが「No media found」。結局電源入れ直して来ましたが。
急いでいるときはほんと焦ります。
続きを読む
posted by dxd at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 製品レポート

2005年11月05日

MicroTrack 24/96 #3

MicroTrack 24/96について、どうやら少し勘違いしていた部分がありました。

付属のマイクを使う時は、ファンタム電源のスイッチはオフでも使えます。
(いわゆるプラグインパワーというヤツですかね)
そのミニプラグ(1/8インチ)には+5vのパワーが供給されるのですが、1/4インチのフォーンジャックにはスイッチオンで約+30vのファンタム電源が送られるようです。実際に測られた方がいらっしゃるようです(こちらの掲示板)。
続きを読む
posted by dxd at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 製品レポート

2005年10月29日

MicroTrack 24/96 #2

今日初めて「MicroTrack 24/96」を仕事で使ってきました。
会議の収録です。

結果として、十分仕事はこなしてくれました(当然ですが)。

15名ほどの会議・小規模会場だったので、大型マイクは持っていかず、この「MicroTrack 24/96」+128MBコンパクトフラッシュをメインに、オリンパスの「Voice-Trek DS-10」をバックアップとして回しました。一応、電源はAC取りました。

同時に、手元にもう1台の「MicroTrack 24/96」を置き、64MBのメディア2枚を途中で差し替えて第3のバックアップを兼ねて、バッテリの持ちをチェックしました。続きを読む
posted by dxd at 03:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

MicroTrack 24/96 -コンパクトフラッシュ互換性

M-AUDIO「MicroTrack 24/96」で認識したメディアの記録として。
メーカーによる検証済みメディアリストはこちら

■認識したモデル:
Kodak Digital Film [中身はLexar] (64MB) -付属のもの
ハギワラシスコム [中身TOSHIBA] (128MB)
SanDisk 256MB(青地に赤帯の普通のヤツ)

■認識しないモデル:
BUFFALO RCF-G [中身不明 -Genesys Logic??] (256MB)

続きを読む
posted by dxd at 03:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2005年10月26日

M-AUDIO 「MicroTrack 24/96」

M-AUDIOの「MicroTrack 24/96」というポータブルレコーダーの製品レポートです。
mt_02.jpgM-AUDIO - MicroTrack 24/96 プロフェッショナル2チャンネル・モバイル・デジタル・レコーダー

12年も使ってきたソニーのDATウォークマン「TCD-D3」がようやく引退するときが来ました。
代わりに導入したのが、このM-AUDIO 「MicroTrack 24/96」。
いつもコストパフォーマンスに優れた製品を出しているメーカーですので期待したいところですが…。

スペック的にはかなりのもので、24bit96kHzのWAVまたはMP3でステレオ録音でき、メディアは脱着可能なコンパクトフラッシュまたはマイクロドライブです。つまり大容量なメディアを使えば、24bit96kHzのようなハイスペックでも長時間録音できるんです。

続きを読む
posted by dxd at 22:56 | Comment(13) | TrackBack(2) | 製品レポート

2005年09月06日

iTrip2(iPod用FMトランスミッター)

iTrip2.jpgiPod用FMトランスミッター「iTrip2」の製品レポートです。
説明不要かもしれませんが、iPodに装着することで、iPodの音声をFM信号にして飛ばし、手持ちのFMラジオで聞くことができます。つまりワイヤレス化できます。買って3ヶ月程使いました。
「iTrip2」製品情報
フォーカルポイント
 続きを読む
posted by dxd at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 製品レポート

2005年09月01日

ペン型マウス:V-mouse(株式会社テック)

近くのエイデンのパソコン関連売場が「CompMart」となってリニューアルオープンしたので、あまり興味は無かったけど覗いてみました。自作PCのコーナーができてたり、MacもiMacやiBookの他に、ついにPowerBookがお目見えしました。PowerMacは店頭にはありませんでした。

vmouse_1.jpg特に買う物は無かったんだけど、以前からちょっと気になっていたペン型マウスを発見。¥4300くらいだったかな。すでに記憶が曖昧。。。
続きを読む
posted by dxd at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

2005年05月30日

Microsoft Wireless Notebook Optical Mouse_#2

先日、初めてこのワイヤレスマウスの電池交換となりました。
半月ほど前から交換をうながすダイアログが頻繁に出てたんですが、無視して最後は電池を外しては入れ直すというかたちで乗り切ってきましたが、もうつき合いきれなくなり、交換。一応、100円ショップで買った電池チェッカーで残量を計ると、(個人的に)今まで見たこと無いほどの消耗度。

結果とすると、電池の持ちは2ヶ月ちょっと。でも寝てる間もつなぎっぱなしだったからほぼ24時間駆動。それに製品に添付されてきた電池だし。まぁ十分なんじゃないでしょうか。
posted by dxd at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 製品レポート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。